クリスタルガーデンを作ってみた【手作りクリスタルのコツ】

お得情報・知識

以前紹介していましたマジッククリスタルですが、作るのが難しい!という意見が沢山ありました。そこでクリスタルや宝石が大好きな私もやってみようと思ったのですが、やはり本体と送料が同等です。

なんかそれだと損した気がするなぁ・・・

と思って別の商品を探して見た所クリスタルガーデンというアイテムを見つけました!送料はかからなかったので早速購入してお試しで作ってみました。

前回紹介したマジッククリスタルの記事はこちらからどうぞ

この記事では

マジッククリスタルを作りたいと思いつつも、ちょっと高いよね。
失敗したくないよね。
もっと安いので練習出来たらな~

という私の願望を基にやってみた結果です。

同じように考える人がいれば是非参考にしてください。

結論 クリスタルは綺麗に作れるか?

いきなり結論から入ってしまいますが、クリスタルを作る系は本当に難しいとおもいました。

パッケージに描かれているようなきれいなクリスタルは初見ではまず作れないという思いをもって取り組んだほうが良いです。

もしそれで作れたらどんどんメルカリに出品しましょう。

まずはパッケージ画から確認してみましょう。

とても綺麗ですよね。

私2月が誕生日なのでアメジストには特別な思い入れがあったのでこれを選んだんです。

本当に宝石って美しいですよね。私自身男性なんですけどかなりその輝きに魅入られてます。ブログ収入を確立した暁には家にアメジストの原石をオブジェとして飾りたいとか夢も持っています笑

さてそれでは本題の完成したクリスタルガーデンを見てみましょう。

これが一番綺麗に撮れたものです。

いかがでしょうか?正直な感想を申し上げると

高さが足りない。

クリスタル感がなんか微妙です。

剣山感があります・・・よね?

最初はそう思っていました。けど、もう約2週間この子と一緒に寝食を供に過ごしたんです。もはやこれは私の子どもですよ。

めっちゃ綺麗じゃないですか?

お嫁になんか出さないよ!!

そんなふうに愛着もあります。ただ、客観的に見るとやはり高さが足りなかったので、もしこれからクリスタルガーデンまたはマジッククリスタルを作る際に重要なアドバイスを贈らせていただければと思います。

クリスタルガーデンの作り方をざっくり紹介

クリスタルガーデンの作り方を紹介しますが、説明書そのままだと芸がないので私なりのアドバイスを含んだ、失敗経験を生かした作り方を紹介します。

  1. 透明プラスック容器にお湯(90~100℃)を5.5cmの水位まで入れる
    お湯はアルミ製容器で沸かさない事!!クリスタルが綺麗に成長しないかも!?
  2. 【クリスタルパウダー(アメジスト色にする粉)】を投入
  3. 木の棒でひたすら溶けるまでかき混ぜる
    このとき30秒を目安に溶かすのがコツらしいです。
    なかなか溶けないのでかなり頑張る必要があります。
    綺麗に色付けするためには必要なスキルのようです。
  4. 容器の蓋をしっかり締めて60分常温を目指してゆっくり温度を下げます。
    冬場だったので一応タオルで保温しながらゆっくり温度を下げました。
  5. 土台(白い凸板)をいれたら【クリスタルの種】を撒きます。
  6. 蓋を締めて24時間放置します。
    クリスタルの種を投入してからは絶対に動かさない意識で
  7. 24時間放置してから蓋を開けます。
  8. そのまま約10日間ほど放置します。
    私は2週間ほど放置しました
  9. クリスタルを取り出して乾燥させます
  10. 新聞紙の上に置いて1,2日直射日光をさけて乾燥させましょう。
    完成したクリスタルをグラス等に入れてインテリアとして飾りましょう
    ※水に触れると溶けるので注意してください

かなり工程が多いので取扱説明書を無くすと大変だと心得ておきましょう。

流石に文字だけだとイメージしづらいと思うので、私が作りながら撮っていた写真も見ながら補足していきます。

ざっくりとこちらが内容物となります。

説明書、透明容器、土台、クリスタルパウダー、蓋、アイス棒です。

アイテム数によらず工程数は地味に多いです。

5.5cmをメジャーで測りお湯を入れます。メジャーがなくても安心!箱には5.5cmの位置がわかる「水ラインマーカー」付きです。

わぁお。これは嬉しいね。

知らなかった・・・。

続いてケトルでお湯を沸かします。

アルミ製容器でお湯を沸かしてはいけないと書いてありましたが、ケトルは大丈夫なんでしょうか?笑
アルミ鍋と呼ばれるものではNGです。くれぐれも確認してみてください。

その後高速でかき混ぜてクリスタルパウダーを30秒以内に溶かしましょう。

まじぇまじぇ・・・。

その後キャップをして常温へ

振り返ってみると常温よりちょっと温度高めだったかも?

しっかり温度をおとしましょう。

常温になった容器に土台を挿入します。

なかなか沈んでいかないのですが、落ち着いて沈めていきましょう。沈め終わったらクリスタルの種を撒いていきます。

ここが最重要ポイントです。撒き方によってクリスタルの出来方が変わります。後半では詳細を詳しく解説します。

数日放置したところですが、本来中心に寄らないといけないクリスタルが外側に寄ってしまっています。このときはまだ液はほとんど蒸発していません。

2週間ほど経過しましたら縁にかなりの結晶ができていました。

この結晶触ると痛い、熱い、溶ける!等という不安はございません。この液を普通に流して中のクリスタルを取り出しましょう。

クリスタルの取り出しはなかなか大変ですが、角を折らないように気をつけて取り出して更に乾燥點せましょう。

クリスタルガーデンを作る上での失敗しないポイント3つとは

かなりの作業工程がありましたが、私が特に重要だと思ったポイントを3つ紹介します。

これからクリスタルガーデンまたはマジッククリスタルを作る人にも参考にしてもらえる内容かと思います。

アルミ製の鍋を使わない

アルミ製の鍋ではアルミが反応して上手くクリスタルが出来ない場合があります。

よくラーメンを作る時に見る雪平鍋や行平鍋を使わず、ステンレスや土鍋を使ってお湯を沸かす方が良いでしょう。

困ったら土鍋でお湯を沸騰させてしまえばOKです。

クリスタルの種を撒く位置

工程5で常温になった容器に土台を沈め、クリスタルの種を撒くのですが、撒く位置は中心に降り積もらせるイメージで撒きましょう。

中心真上から下に撒く形です。

ここでまんべんなく撒いたり、振動を与えることでクリスタルの種がまばらに配置されると私の作ったような作品になると思われます。

クリスタルは立体的で、剣山の様になってはいけないのでこの部分を特に注意してください。

  • クリスタルの粉は中心真上から降り積もらせる
  • 粉を撒いた後は絶対に動かさない
  • 元々入っている袋から出して入れるほうが良いかも?

元々入ってる袋ではクリスタルの種がザザッと流れ込んで「山のように降り積もらない」可能性があります。

袋からつまんで上から落とし入れる方が良いかもしれません。

時期的な問題 暑いほうが良い??

本来は10日前後でニョキニョキクリスタルが成長してきて、水位が下がるのですが冬場などの寒いうちにはなかなか結晶化が進みませんでした。

それが3月、4月ごろの気温が高くなり始める頃で水位が下がってきました。これはあくまでも仮設ですが、夏場に実施した方が早くクリスタルが成長するかもしれません。

まとめ

それでは最後にクリスタルガーデン・マジッククリスタルを綺麗に作るポイントを振り返ってみましょう。

  • お湯を入れたら30秒で溶かし切る!
  • クリスタルの種は真上から降り積もらる
  • クリスタルの種は衝撃厳禁
  • 完成したクリスタルに水をかけない(溶けます)
  • 初回でベストなものは作れないと思って2つ買うのもあり?笑

引き続きよりきれいなクリスタルを作るために、次回は楽天お買い物マラソンで本家のマジッククリスタルを購入して挑戦してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました