マルチプレイで武器アイテムが渡せる!?について徹底解説【エルデンリング】

エルデンリング

エルデンリングはマルチプレイでフレンドと強力しながらボス攻略が出来ますが、

実は武器やアイテムをフレンドと交換・シェア出来る

って知っていましたか?

今回は武器・アイテムをシェアする方法や
条件、注意点を解説します。

特に注意点は重要なので最後まで
ご確認ください。

こんな人にオススメ
  • 珍しい武器で二刀流がしたい
  • ドロップ被りの防具を交換したい
  • 経験値を一気に上げたい
  • 強い武器を借りたい(欲しい)
  • 取り逃した武器をもらってトロコンに活かしたい

※通常ゲームでは考えられない仕様です。
使い方を間違えるとゲームが楽しくなくなる場合もありますので、用法や注意をしっかり守って利用しましょう。

以下解説に使用した画像はクリックすることで拡大できます。

クリア後はどうする?
⇒フロムの代表作【ダークソウルリマスタード】をAmazonでチェック

広告

武器・アイテム渡しの5つのメリット

  1. ストーリー上1度しか入手出来ない武器で二刀流ができる
  2. 素性によって不要な武器を交換に出せる
  3. 被った防具をシェアや交換できる
  4. 序盤入手出来ない薬で攻略難度を下げる
  5. 一気にレベルを上げて火力を上げることができる

1つずつ解説していきます。

強武器二刀流ができる

敵ドロップ武器であれば何度も挑戦して2種類同じ武器を手に入れることが出来ますが、ボスドロップ品などは1週に1個しか手に入らないので2週しなければなりません。しかし

同じ進捗のフレンドから武器を貰えば2刀流が出来るようになります。

剣士キャラでなくても2刀流
(同じ武器種を右左手で持つ)になると
特殊モーションとなりスキも大きくなりますが、火力が上がります。

エルデンリングでは数少ない攻撃のチャンスを活かすためにも1発の火力は高い方が強いです。

当然強武器を左右で持てれば
火力は一気に上がります。

素性的に不要な武器を交換できる

エルデンリングには全部で10種類の素性があり、ステータス次第では装備できない武器が沢山あります。

例えば近接(戦士系)と遠距離(魔法使い)では武器が全く異なり、近接では杖が不要ですが、遠距離では大剣などは使うことも出来ません。

そこでお互い不要な装備を交換してしまえば不要な武器を処分し、欲しい装備を手に入れることが出来ます。

遠距離なら近接武器が不要
近距離なら遠距離武器が不要

⇒交換して強い武器をゲットする

広告

被った防具を交換やシェアできる

被った防具をシェア出来る
クリックで拡大されます

ソロプレイ、マルチプレイどちらにせよ敵を倒すと一定の確率で専用の装備などをドロップします。

片方は既にその装備を持っているので売るぐらいならフレンドに上げたほうが喜ばれますし、レベルや先に進んでる人であれば手伝ったエリアの装備は不要という場合もあるでしょう。

そんな時に交換や譲渡してあげれば見た目をより自分好みにできたり、自強化に繋がります。

ステータス【神秘】を上げると発見力が上昇する

⇒レアドロップの確率がUP

入手出来ない・作れないアイテム
をもらう【苔薬など】

序盤の強敵【アルベリッヒ】の攻撃では出血や凍傷など状態異常により非常に苦戦を強いられますが、状態異常値を下げる出血の苔薬や冷気の苔則はほとんど入手出来ません。
⇒狂い舌、アルベリッヒ攻略

苔薬を作ってもらってもらうことが出来る

後半に差し掛かりようやく製法を学んで作れるようになるため、先輩ユーザーから苔薬をもらうことで攻略しやすくすることも可能です。

序盤に一気にレベル上げが出来る【ルーンを渡す】

黄金ルーンを置くことが出来る

使う・売る ことでルーンを入手できる
【黄金ルーン】を渡すことも出来ます。

既に経験値を稼ぐエリアは沢山ありますが、序盤で一気に経験値を上げて進むのであれば黄金のルーンを受け渡すのも良いでしょう。

先に進んだメインデータから黄金のルーンをフレンドに渡してサブキャラへ更に渡すことも可能

広告

渡せるものと渡せないものまとめ

ほとんどの物が渡せるので
渡せないものを紹介します。

  • 鍛石(通常、喪色)
  • すずらん
  • 遺灰
  • 貴重品
  • 指薬、ルーンの弧

物語進行に必要な貴重品はもちろん、強化に必要な素材は渡せません。

ルーンの弧

基本的に渡せない物はアイテムを選んだ時に【その場に置く】が選択できませんが、指薬やルーンの弧は置くことが出来ても相手に見えません。

しかし強化素材(鍛石やすずらん)は物語を進めれば鈴玉婆から購入することができます。

一方で伝説の武器と呼ばれる【夜と炎の剣】や【各種戦技】、【タリスマン】は渡すことが出来ます。

レア武器でも普通に置ける

戦技は複製が可能ですので序盤から最強戦技をつけた武器での攻略も可能です

タリスマンを渡しても同じもので重ねがけは出来ません
⇒金のスカラベ(敵を倒した時ルーンの量が1.2倍増える)を2個つけて
1.44倍にすることは出来ません

渡せる武器の仕様(レベル)について

渡せる武器に関しては若干仕様があります。

受け取る側の最大強化レベル以上の武器は受け取れません

上記条件を満たしていれば、仮に始めたばかりでも夜と炎の剣を受け取ることが出来ます。(必要能力値が圧倒的に足りませんので装備はできない)

また強化に関しては通常の鍛石と喪色の鍛石がありますが、それぞれ独立しています。

【プレイヤーBがプレイヤーAから装備を受け取る例

プレイヤーBの最大強化レベル
⇒鍛石系+6 喪色の鍛石系+4

プレイヤーAの渡せるレベル
鍛石系+6まで
(強化レベルが0~6までの武器)
喪色の鍛石系+4まで(強化レベルが0~4までの武器)

受け取れない場合は相手が武器を置いても見えません

広告

4つの注意点

沢山置くことが出来る
黄色く光っているのが装備やアイテムです
  1. 本来の楽しみから逸脱してしまう
  2. 交換トラブル
  3. ミスって廃棄
  4. 交換中に侵入を受ける

まず通常のゲームでは考えられない装備や戦技、タリスマンを渡せてしまうことから想定された難易度から大きく下げてしまう危険性があります。

ゲームを長く楽しむためにも用法をしっかり守って利用しましょう。

ネット上では既に交換スレなどもたっていますが、

フレンドでもない第三者との交換ではトラブルの危険性もあります。

例えばお互い右と左において相互で拾い合う場合

自分はちゃんと置いたのに相手は別のものを置いて拾った時には既に逃げられ自分だけ損をする可能性

出来る限り信頼できるフレンドまたは身内と行うようにしましょう。

物を置く際にその下には

【破棄する】

というコマンドがあるため、その場に置くつもりが誤って破棄するを選ばないように注意しましょう。

破棄するコマンドに注意

武器に戦技がついていれば一緒に消えます。

また交換している最中だろうと侵入されます。

侵入が少ないエリアで交換するか、まとめて置くを利用してさっと終わらせるようにしよう

まとめ 注意を守って楽しもう!

武器・アイテムの交換機能はそのメリットが大きすぎて高難易度のフロムゲーにしてはやりすぎな印象すら感じます。

もしかすると霜踏みのように修正弱体化を受けるように今後アップデートで交換できる(その場に置ける)物の制限が強化されたりする可能性もあるので交換できるうちにフレンドと試してみてもよいかもしれませんね。

最後にまとめます。

  • 多くのアイテムや武器、防具、戦技、タリスマンが交換できる
  • かなり優位にストーリーをすすめることが出来る
  • 自身の最大強化を越えた武器は受け取れない
  • 注意点を守ってプレイしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました