【NPC・霊馬と共に】星砕きラダーン攻略【エルデンリング】

ラダーン攻略 ポイントはNPCと霊馬ゲーム
広告

ケイリッドエリアボスである

【星砕きのラダーン】

今回の戦闘は今までと一味違った
スタイルです。

NPCと共闘し、まさにラダーン祭といった感じで力を合わせてラダーンを討伐するということでワクワクしますよね。

とはいってもさすがエリアボスで安定のバ火力でかなり苦戦を強いられる場合もあると思います。

今回は星砕きのラダーン攻略記事となりますので是非最後まで見ていってください。

星砕きのラダーン討伐前に

【ラダーン祭が開催されない!】
という方はコチラから
⇒ラダーン祭が開催されない時に取る行動

こんな人にオススメ
  • ラダーンが倒せない
  • 攻略方法を知りたい
  • 共闘NPCについて知りたい

エルデンリング記事はコチラから
⇒エルデンリングまとめ

広告

星砕きのラダーンとの戦闘
【攻撃パターン解説】

星砕きのラダーンは非常にバリエーションの多い攻撃をしてきます。

大きさ・早さ・追尾性能も高いので中途半端な距離では連撃を受けて即死もありえます。

具体的な攻撃パターンは以下のとおりです。

  • 大弓を1発放つ
  • 天から降り注ぐ矢
  • 双剣振り下ろしコンボ
  • 回り込み攻撃
  • 地を這う衝撃波
  • 重力による吸い込み攻撃
  • 火球アタック
  • 飛び上がりアタック
  • 振り回し移動攻撃
  • 隕石飛ばし(大4と小7)

ラダーンのHPが50%を切ると飛び上がり、火球アタックを経て第二形態になります。

火球アタックはラダーンが飛び上がった直後あたりが暗くなり、その後自身が天空から火球になって褪せ人を襲います。

MHのバルファルクを彷彿とさせる攻撃ですね!

第二形態状態では空に飛び上がると、
再び火球アタックを仕掛けてくる事もあります。

大弓の避け方【遠距離 序盤】

大弓での攻撃は2種類ありますが、まずは【大弓を1発放つ】場合の避け方について解説します。

召喚したNPCがラダーンに到達すると弓攻撃は終わるので序盤だけマスターしましょう。

【大弓を1発放つ攻撃】の対策は
大きく2つあります。

  • 配置された武器の影に隠れる事
  • 飛んでくるタイミングでローリング

序盤しか大弓での攻撃はないので武器陰に隠れるでも良いのですが、序盤に無駄な時間を一切かけたくない場合はローリングをマスターしましょう。
⇒どちらでもOK

弓を貯めるシュワシュワ音がしてから約4秒後にローリングすれば避けれます

トレントに乗っている状態でラダーンに向かうと距離が近くなり秒数も短くなるので、スティック押し込みの飛び降り緊急回避もマスターすると楽になります
※飛び降り緊急回避はキーコンフィグでしゃがみを消していると出来ません

次に【天から降り注ぐ矢】ですが、ラダーンに近寄る方向に走ると避けづらいので飛んできた場合には距離を取りつつ左右へ逃げるとダメージを受けません。

回り込み攻撃【近距離 常時】

回り込み攻撃は回避する方が無難です。

タゲが誰になっているかわからないと、
攻撃も当らず逆に反撃を食らう場合が多いのでトレントを召喚し距離を取りましょう。

△+十字キーで霊馬トレント召喚をショートカットにすると一瞬操作で遅れるので即使用できるよう□にセットしておく方が良いです

セット位置を確認
クリックで拡大されます

隕石飛ばし【遠距離 常時~終盤】

隕石は通常状態で7つ
(第2形態でも使用します)
第2形態で大きい隕石を4つ浮かべます。

通常7つはかなり追尾性能があるので、トレントからの飛び降り回避(スティック押し込み)か小さな丘のアップダウンを利用して避けると良いでしょう。

大きい隕石はしばらく浮かんだ後ラダーンのタイミングで一気に飛ばしてくるので近距離にずっといると普通に巻き込まれて死にます。

安全に攻略するならばNPCに隕石を飛ばさせた後攻略するか、ヒット&アウェイで戦いましょう。

攻略方法【3つのポイント】

ラダーン攻略の3つのポイントについて詳しく解説していきます。

攻撃パターンの解説時にも同様の内容を記載していますが、より詳しく解説します。

NPCと総攻撃する
【出現NPCと狙い目】

ラダーン戦では他のボスバトルと異なり沢山のNPCを召喚し共闘できます。

一度に6体まで召喚できて、死亡後も再度召喚することが出来ます。

召喚できるNPCとオススメは以下の通りです

  • 戦士の壺アレキサンダー
    大当たり
  • 半狼のプライヴ
    当たり
  • 大角のトラゴス
  • 城主ジェーレン
  • 指巫女サロナ
    回復役?
  • 豪胆ライオネル
  • パッチ
    大ハズレ

該当イベントを進めていなくても祭には参加します。

しかし先に火山イベントを進めて
NPCを討伐するイベント(翁や大角のトラゴスなど)で討伐してしまうとラダーン戦で召喚することが出来ませんので注意⚠

大当たりのアレキサンダーが召喚できたらアレキサンダーに攻撃が行っている間に
背後から攻撃しましょう。

アレキサンダーは体が大きく、タゲ(ターゲット)がアレキサンダーに向かうとわかりやすく、他のNPCに比べHPが高く打たれ強いので攻撃のチャンスが増えます。

ただし、アレキサンダーだけ召喚するのではなく同時に火力となってくれるプライヴやトラゴス、ライオネルも合わせて召喚できるとNPCだけでも結構HPを削ってくれます。

【PR】私も使ってる格安ゲーミングチェア【ジーティーレーシング】

霊馬トレントを上手く使う
【避けるための緊急回避】

ラダーンの大弓を避ける際にも解説しましたが、今回は霊馬トレントをフル活用します。

  • 霊馬トレントはすぐ使えるようにしておく
  • しゃがみボタンR3スティック押し込みで飛び出し緊急回避
  • 逃げる時は角度をつけて追尾から逃れる
  • 小さな丘を利用しながら遠距離攻撃(隕石)を避ける
  • 必要ならレーズンをトレントに与え回復する

既に解説しているものは割愛しますが、ラダーンの地を這う衝撃波は仮に食らってもトレントしかダメージを受けません。

トレントのHPが不安な場合はレーズンを与えたり、自分を回復する聖杯瓶を飲めば、
回復します。

トレントが死んでしまうと聖杯瓶を1つ消費しますが、その確認に手間取るとそのまま死亡することもあるのでなるべく死なないようにトレントのHPにも注意しましょう。

トレントが死ぬと自分も大ピンチに

戦術はヒット&アウェイ【戦技の活用】

ラダーンの攻撃範囲はとても広く、NPCにタゲがいっていても巻き込まれて攻撃されることがあります。

そのため基本戦術は

トレントで近づく
⇒スティック押し込みで飛び降り攻撃
⇒トレント召喚
⇒逃げる

で戦いましょう。

乗ったまま戦うとダメージも少なく、NPCへの攻撃に巻き込まれてダメージを受けるので降りて戦う方が安全

またショートカットキーでトレントの召喚をする、降りる時にアイテムを使って降りる

はNGです。一瞬で状況が激変します。

□でトレントの召喚を行い、降りる時はスティック押し込みで最大限無駄な時間を省きましょう。

また意外と距離があって通常攻撃が当たらない場合は

距離を稼げる戦技での攻撃がオススメです。

私は血の斬撃を使いましたが、その他中距離になるべく1撃ダメージの大きい戦技を活用して戦いましょう。

※血の斬撃はアプデで下方修正されました
(約10%のダメージダウンと攻撃のスキが大きくなりました)

血の斬撃入手場所

ハイト砦(リムグレイブ)で上にいる騎士を倒す

そんなに強くないのですぐゲット出来ます

おまけ【オフライン推奨】

オンライン状態でやると他の褪せ人のメッセージが配置されていますが、バトル中は結構邪魔です。

召喚サインを拾いたいのにメッセージを表示してしまうと時間のロスやスキになる

⇒煩わしいと感じた人はオフラインで表示しましょう。

実際に星砕きのラダーンと戦ってみた

実際に戦った動画をUPしましたので参考にしてもらえれば幸いです。

この時はアプデ前でしたのでラダーンも強いですが、血の斬撃も弱体化前でした。

現在はラダーン自体も弱体化された?との情報もあるのでチャンスです。

アップデート1.03におけるボス「星砕きのラダーン」のバランス調整において、一部の攻撃の威力が意図せず下がっていた不具合の修正

2022.04.04アップデートファイル配信のお知らせ」より

ということで弱体化ではなく不具合だったので修正されるようです。

まとめ NPCと霊馬がポイント

大勢のNPCとの共闘は初めてのことでしたが皆様いかがだったでしょうか。

個人的には割と簡単に死んでいってしまい、モンハンのようなみんなで戦うぞ!感がなかったのが残念ではありました。
私はMHが大好きなのでサンブレイクも期待して待っています。
⇒モンハンワールドからのライズってどうなの?【実際やってみた比較感想】
⇒MHRサンブレイク情報【発売日・価格・追加モンスター】

最後にまとめます

  • 大弓1発は置かれた武器またはローリングで避ける
    飛び降り回避も◯
  • 降り注ぐ矢は離れながら避ける
  • 回り込み攻撃はトレントで逃げる
  • 隕石とは関わらない
  • アレキサンダーを召喚して一緒に戦う
  • 中距離でも攻撃できる戦技でヒット&アウェイ
  • オフラインにしてメッセージを非表示

エルデンリング記事はコチラから
⇒エルデンリングまとめ

© 1994-2022 FromSoftware, 
Inc. All right reserved.

コメント

タイトルとURLをコピーしました