【本当は拒否したい!】マルチプレイ侵入の3つメリットまとめ【エルデンリング】

ゲーム
広告

フロムゲー経験者はきっと楽しい

【侵入】システムですが、

今作が初めての人からしたら
本当に嫌なシステムですよね。

フレンドとワイワイ進めているのに邪魔をされると本当にイライラしてしまう!
なんてことも少なくないでしょう。

ですが実は侵入することにも
メリットがあります。

侵入というキーワードだけで拒否反応が出る人も一応最後まで見てもらえると嬉しいです。

こんな人にオススメ
  • 協力プレイはするけど、
    侵入はしたことがない
  • 人の所に侵入して
    邪魔して何が楽しいの?
  • なにかいいことでもあるの?

ちなみに私は侵入するのもされるのも怖いので基本的には嫌なのですが、拒否は出来ないので頑張って楽しもうとしてます。

エルデンリング記事はコチラから
⇒エルデンリングまとめ

広告

マルチプレイ
侵入のシステムについて【概要】

侵入は協力プレイ中のパーティーへ
強制参加してホスト(部屋主)を殺すことを目標としています。

侵入するためには以下のアイテムが
必要です

  • 爛れた血指ただれたちゆび
    物語序盤から入手可能(購入)
    使用するとなくなる
    ヴァレーイベントでも入手出来る
  • 血の指
    ヴァレーイベントでもらう
    使用しても無くならない
  • 背律の指はいりつのゆび
    中盤以降で入手可能(火山館)
    使用しても無くならない

ホストは協力プレイ中なので基本的には侵入者が不利な立場になります。

侵入者が不利になるポイント

  • 数的不利
    2:1または3:1になる
  • 聖杯瓶の数がソロ時の半分に
    ソロ8個⇒マルチ4個

侵入者、ホスト互いに死亡時にはその場でルーンを落としますが、侵入者は死亡した場所に自分の世界で行けば回収出来ます。

相手を倒すことが出来ればルーンを獲得できます。
相手とのレベル差が大きい方が多くルーンをもらえます。

侵入されるのが本当に怖い!人へ
侵入への対策

協力プレイをする以上は避けては通れませんので、常に覚悟をしましょう。

ですが有利に戦うための情報もありますので紹介します。

【白い秘文字の指環】を使用して
【狩人】を呼べるようにしておきましょう。

【白い秘文字の指環】は円卓で序盤から鈴玉婆から購入することが出来ます。

一度セットしておけば以降自動で狩人を召喚してくれます。

狩人は侵入者を一緒に討伐してくれる別のオンラインプレイヤーです。

侵入者からの回り込み奇襲に気をつけ、
なるべくフレンド(協力者)と離れないように行動しましょう。

敵(モンスター)がいるルートに誘い込んで、敵と一緒に攻撃してくるのが基本戦術になるのでルートに注意

侵入者はモンスターからターゲットにされません

侵入が怖いからといってホストが
【指切り】をすると

協力者のみ切断し、侵入者との1:1のタイマンになってしまうので注意!

※大手攻略サイトでは間違った情報が修正されていません

いよいよ本題に戻して侵入をするメリットを解説していきます。

広告

メリット①:プレイヤースキル向上

何度も書きましたが、基本的に侵入側は不利です。

  • 一人で多数を相手しなければならない
  • 聖杯瓶の数が少ない

敵からターゲットにされないことや相手の位置をざっくり把握出来る点はありますが、それでもかなり苦戦を強いられます。

戦術をもって挑まなければ
一瞬で返り討ちです。

どうやって分断するか、奇襲するかを考えるだけで脳はフル回転しかなりいい経験となります。

加えてプレイヤーは敵と違い、予想外の行動をしてくるので判断力を鍛えることにも役立ちます。

ストーリー上でも敵が複数の場合があるので模擬戦にもなります。

メリット②:ルーンの弧がもらえる

侵入者がホストを殺すと報酬としてルーンの弧がもらえます。

ルーンの弧は宝箱や購入など入手方法がありますが、数は限られてしまうので侵入で入手してしまうのもアリです。

協力プレイで一緒にボスを討伐できれば同じくルーンの弧がもらえますが、時間効率的にも侵入の方が早く集まります

ルーンの弧の使い方

ルーンの弧は祝福で大ルーンをセットし、アイテムで使用すれば効果が発動します。

大ルーンは各エリアの大ボス(ゴドリックやラダーンなど)を討伐し、塔で入手することが出来ます。

大ルーンの効果は死亡するまで有効です。

ゴドリックの大ルーン:全能力値(生命力など)を5ずつ上げる

最大メリット
序盤から高速レベル上げが
できるようになる

侵入をする最大のメリットは序盤から超効率よくレベル上げをするためです。

特定のイベント(ヴァレーイベント)を進めると、接ぎ木のゴドリック討伐後から最高効率でレベル上げ出来るエリアへ移動できるようになる

モーグウィン王朝で可能な

カラス落とし または カエル狩り

カラス落としとカエル狩りとは

2箇所とも同じ場所です。

レベルによってどちらか選ぶようにしましょう。

カエル狩りは赤カエルが棘突進してくると普通に死ねますが、ルーンの回収は簡単です。

カラス落とし

特定のエリアで弓を打つだけでカラスが褪せ人をめがけ走ってくるのですが、そのまま崖に落ちて

効率:15秒で11,000ルーン程

カエル狩り

どう見てもカエルには見えない亜人を倒すだけ

効率:1セット25,000ルーン程
武器や戦技によって効率が変わります

黄金のスカラベ(タリスマン)を装着すればルーン取得が1.2倍になるので更に効率が上がります。

レベルが低い⇒カラス落とし 安全

レベルが高い⇒カエル狩り ちょっと危険

広告

モーグウィン王朝までのロードマップ

バラ教会のヴァレーさん
厨二心をくすぐるヴァレーさん IN バラ教会
  • 白面のヴァレーとバラ教会(リエーニエ)で再会
    白面のヴァレーは物語開始直後に一度会っていますが、接ぎ木のゴドリックを倒すとイベントが進みます
  • 他の褪せ人のところに侵入してみないか?とプレゼントをもらう
    ⇒【爛れた血指】10個もらう
    爛れた血指を使用し侵入を3回成功させる(負けてもOK)
    ※背律の指ではカウントされないので注意
  • 布に巫女の血を吸わせてこいとパシらされる
  • 4鐘楼でワープして巫女の血を付ける
  • ヴァレーに渡すと指をゴニョゴニョされる
    ⇒【血の指】と【純血騎士褒章】をもらう
  • 純血騎士褒章を使って
    モーグウィン王朝へ

時間にして30分程あればイベントは終わるでしょう。

実際になぞった動画もあるので参考にしてみてください。

私のデータではすでにヴァレーにはいませんが、モーグウィン王朝へ行っていない場合であればヴァレーはいるはずです。

You Tube上では時間分けもしてあります。

モーグウィン王朝についたら後は該当箇所まで走り抜けましょう。

敵が非常に強いのでまだレベルが低い時はアイテムは無視して走り抜けが無難です。

マッチングしなくて
侵入できない場合

侵入が出来ない場合考えられるのは

  • 侵入できるエリアではない
  • マルチプレイをやっている人が少ない
  • レベル差/武器レベル差がありすぎる

マルチプレイが活発でないこと場所や、侵入できないエリアがあります。

エリア大ボスダンジョンが最も侵入しやすいです。
ボス前だとすぐボスに挑戦されてしまうのでそれ以外の祝福エリアで侵入を狙いましょう。

エリア大ボスダンジョンでは協力プレイマルチプレイ中のユーザーも多いため、かなり侵入しやすいです。

自分の攻略中のエリア大ボスダンジョンが一番侵入しやすい

  • ストームヴィル城
  • 魔術学院レアルカリア
  • 赤獅子城
  • 王都ローデイル など

クリア済みのダンジョンではマッチングしにくい印象がありました。

侵入するためにはオンラインプレイ加入が必要【PS版】

PS端末で侵入(オンラインプレイ)するためにはPS Plusに加入が必要です。

加入はPSストアから契約するか、ショッピングサイトで購入できる利用券を購入しましょう。
⇒利用券購入後コードが入手出来るのでPS端末で入力すれば利用可能です。

コード入力方法はコチラから
⇒PlayStation®Storeでコード番号を利用する方法(PS公式サイト)

ショッピングサイトで購入すればポイントが使える・貯まる

まとめ
侵入3回だけでもやってみよう!

マルチプレイの中でも侵入はプレイヤーを選ぶ要素でもあり、なるべくなら侵入されたくない・したくない人も多いかもしれませんが、効率よくレベル上げをするためには必要な要素にもなるので是非検討してみてください。

最後にまとめます。

  • 侵入するには3種類のどれかのアイテムを使う必要がある
    なくなるものと無くならないものがある
  • 侵入が怖い人には狩人召喚出来るよう【白い秘文字の指環】を使っておこう
  • 指切りは絶対しない
  • 侵入メリット①:プレイヤースキルが向上する
  • 侵入メリット②:ルーンの弧がもらえる
  • 侵入メリット③:経験値を効率よく稼げるエリアに行けるようになる
  • 侵入できない場合は場所を見直そう
    エリア大ボスダンジョンが良
  • レベル差がありそうなら自分が今攻略してるエリア大ボスダンジョンで侵入する

【PR】私も使ってる格安ゲーミングチェア【ジーティーレーシング】

© 1994-2022 FromSoftware,
 Inc. All right reserved.

コメント

タイトルとURLをコピーしました