長期プランで最安になったレンタルサーバーConoHa WINGと他社2社比較してみた

投資/副業/自己啓発
ブログ初心者
ブログ初心者

これからブログを始めようと思うんだけど、

どんなサーバーをつかったらいいかな。

そんなあなたに今回は私の使っているレンタルサーバー「ConoHa」を紹介をしたいと思います。

あなたはレンタルサーバー 「ConoHa」を聞いたことがありますか?

いや全く聞いたことが無いぞ。

大丈夫なの?そのサーバーって

確かに 業界では「エックスサーバー」や「ロリポップ」、「さくらサーバー」等が高いシェアを持っているので知らない方も多いかもしれません。

私も正直な話、自分で調べるまで全く知りませんでした。

自分で調べて見た結果、一番ConoHaがいい!と思って契約しました。私自身満足していますし、一人でも多くの人の選択肢の一つになればと思い記事を作りました。

これから「レンタルサーバー ConoHa」をおすすめする理由と、気をつけて欲しいという部分を説明していきます。

こんなあなたに読んでもらいたい
  • これからブログを始めようとしているあなた
  • WordPressでブログを書きたいあなた
  • どのサーバーを選んだらいいか悩んでいるあなた
  • サーバー乗り換えを検討しているあなた

これからブログを始めるあなたへ

悩む

もしあなたが今ブログを始めようと思っているならば、

まず「無料ブログ」を使うか、「WordPress」を使うか決めましょう。

無料ブログとWordPress

ブログを始める時に無料ブログを使う場合と、自身でドメイン・サーバーを取得してWordPress等のツールを使ってブログを運営する方法があります。

たろーけ
たろーけ

まずドメインってなんだろう。サーバーってなんだろう。

そう思った人も多いと思います。

次のチャプターで解説しますので安心してください。

無料ブログというのは

  • アメーバブログ
  • はてなブログ
  • ライブドアブログ
  • FC2ブログ

などがあります。

無料ブログの「メリット」や「デメリット」は既にまとめてある記事が多いので、リンクから見てみてください。

ヨネスケ氏 無料ブログはデメリットだらけ!?有料ブログの違いと機能を徹底比較!

収益化を目指すなら、有料ブログ WordPressを選びましょう

おそらくレンタルサーバーを探しているあなたは収益化を求めていませんか?

たろーけ
たろーけ

ブログをやるならやっぱり稼ぎたいよ!

毎月5桁6桁収益を上げてるブログもいっぱいあるんだし。

実際私も収益化を狙ってブログをはじめたその一人です。ブログを始める上で副業として少しでも生活の足しにしたいと考えるのは当然ですよね!

もしそうであれば、サーバー・ドメイン・WordPressは欠かせません。

※もちろん無料ブログでも稼いでいる方もたくさんいますが、沢山稼ぐブロガーさんはほとんどがWordPressを利用しています。

さてここで先程の疑問に答えて行きましょう。

WordPressでブログを書く際に必要なもの

  • ドメイン
  • サーバー

簡単にいうと、ドメインというのはインターネット上のあなたの住所です。

私のサイトでいうと赤字部分がドメインです。 https://www.tarotarotarouke.com/

サーバーというのはあなたが家を建てるための土地のようなものです。

たろーけ
たろーけ

富山県に家を建てよう。そのために土地を借りるぞ。→レンタルサーバー

富山市A町1-2-3に家を建てたのでみんな遊びに来てね。→ドメイン

ドメインとサーバーが無いとユーザーはインターネット上であなたを見つけることが出来ません。

レンタルサーバーやドメインはその土地住所を貸して貰っているのです。

話を戻しますが、有料ブログというからには費用が発生します

ランニングコスト(運用費)は

サーバー代1,000円/月 + ドメイン1,000円/年

13,000円/年ほどの運用コストになります。

ConoHa WINGとは

「ConoHa WING」とはレンタルサーバー ConoHaブランドプラン3つのうちの1つです。

  • ConoHa WING → 国内最速、高パフォーマンス
  • ConoHa VPS → 月額最安630円サーバー
  • ConoHa for Windows Server →  Microsoft Officeが利用可能

ブログを始めるならWINGまたはVPSを選ぶと良いでしょう。

さらにConoHa WINGには3つの料金体系があります。

  • ベーシック 1,200円
  • スタンダード 2,400円
  • プレミアム 4,800円

一個人としてブログを作るという目的であれば「ベーシック」一択で問題ないでしょう。

詳しいプランの詳細は公式HPを御覧ください。

それではConoHa WINGのメリットとデメリットを見ていきしょう。

メリット

お金
  • 最低利用期間の制限なし 1日で辞めてしまってもOK
  • 使った分だけ変動する金額と上限定額制
  • 初期費用なし
  • Web表示速度国内No.1 ※2019年自社調べ
  • 長期プラン新登場 ← NEW!!2020.01.21より

詳しく説明していきましょう。

最低利用期間の制限なし

ConoHa WINGは契約年月による価格の変動がありません

~WING ベーシックであれば2円/時間 1ヶ月最大上限1,200円(税抜)~

1年や3年で契約したけど、万が一なんらかの事情でブログが続けられなくなっても、すぐやめることが出来ます。

長期プランを選ぶと初期契約金として一括で支払いをするため、途中で解約する場合は返金が有りません。

通常プランで契約した場合は月ごと自動支払ができるので大変お得です。

たろーけ
たろーけ

個人的に◯年、◯ヶ月の縛りがないのがすごく気が楽です。

もちろんそんな簡単にブログを投げ出すつもりはありませんが、

どうしても時間が取れなくなってしまう場合もありますからね。

使った分だけ変動する料金と上限定額制

ConoHaでは時間あたり利用料金を設定しています。

私は「ベーシック」 2円/時間 1ヶ月最大1,200円 で契約しています。

600時間までは使った分だけ変動して請求が異なります。Ex:200時間ならば400円

それ以降は1,200円/月で固定です。

たろーけ
たろーけ

他社が最安900円や1000円なのでちょっと高いと思ったが、

たった200円の差なのでと自分に言い聞かせている。

ブログは執筆に時間がかかるが、構想を練ったりして書くようにすると、

かなりリーズナブルになるかも。

初期費用なし

ConoHa WING / VPS / for Windows Server はサーバー設置初期費用不要です。

これはキャンペーンではなく基本システムですので、いつ始めても初期費用は不要です。

たろーけ
たろーけ

他のレンタルサーバーはキャンペーンで初期費無料と見たことがありますが、

基本として初期費無料は得した気分。

Web表示速度国内No.1 ※2019年自社調べ

最新のサーバー利用で2019年に速度比較した所他社サービスに2倍の差をつけ第一位となりました。

最速

サーバー表示速度は非常に大切で表示時間が2秒増加するだけで、50%の直帰率増加するというデータが出ています。

操作開始時間が3秒以内に収まらなかった場合

・過半数(57%)のユーザーがそのサイトから離脱

・80%のユーザーは、そのサイトを再訪しない

・ 不満が伝染し、サイトの集客に悪影響を及ぼす

https://webtan.impress.co.jp/e/2014/07/08/17757
たろーけ
たろーけ

色んなサイトが同じように高速と言っているので

正直わかりません。早いに越したことは無いと思うけれど。

実際乗り換えて比較しないと個人的にこれはわかりませんが、

プレビューをすると一瞬で描画される印象はありますよ。

新長期プラン「WINGパック」登場!長期利用におすすめのプラン【2020年1月追記】

この度2020.01.21から新プランが登場しました。

今まで他のサーバーにあった長期プランですが、ConoHaには有りませんでした

そのためどうしても他社と比べて割高な印象がありましたが、そのデメリットを解消しました。

長期パックは3,6,12,24,36ヶ月と選べます。 そして現在は超お得キャンペーン実施中です。

ベーシックで1ヶ月最大1,200円だったのがこんなに割引されています。

期間3ヶ月6ヶ月12ヶ月24ヶ月36ヶ月
料金 円 / 月

1,100 →

1045円

1,000 →

950円

900 →

855円

850 → 

807円

800 →

760円

キャンペーンの5%OFFは期間限定で 1 / 21 15:00 ~ 2 / 5 18:00まで

更にいまなら他社サーバーの契約金を15,000円分まで全額負担とのことです。

今までの通常契約だった人もこれを気に長期プランへの移行も可能なので

私は2月から実施予定です。

デメリット

もちろん良い点ばかりではありませんが、デメリットも裏を返せばメリットになります。

  • ユーザー数が他社に比べ圧倒的に少なく不具合対応記事が他サーバーより少ない
  • 月々の料金が他社より若干割高な印象 → 解消されました!
  • ユーザーサポートが他社に比べて弱い

ユーザー数が他社に比べ圧倒的に少ないため、不具合の参考にできるページも比較的少ない

現在ユーザー登録数が17万アカウントです。

他のサイトは保持サイト数での表記でConoHaはアカウント数での表記になるため単純比較はできませんが、明らかに他のエックスサーバーやロリポップより口コミが少なく、困った時に参考にできる記事が他のサーバーに比べ少ないです。

加えて初期導入に関してもブログで解説やユーチューブで解説している数自体少ない印象です。

しかしこれは考え方次第です。

あなたがこのようなサーバー設定に詳しい人であれば

これからわかりやすい解説記事を作れば間違いなくアクセスは上昇することを示しています。

月々の料金が他社より若干割高な印象

同等の仕様で他社が月々900円や1000円の場合毎月200~300円多く払っていることへのモヤモヤはあります。

→2020.01.21 新しく長期パックが登場したため最安800円/月で利用が可能です。

ユーザーサポートが他社に比べて弱い

私個人的には一番これが痛いです。

具体的には問題発生時の対応がエックスサーバーやロリポップは24H365日対応体制に対して、ConoHaは平日のみ対応です。

平日の間は電話やメールにより即対応してもらえます。実際のところ私は10~30分程で返信貰っていました。しかし、これが金曜夜に問題発生すると週明けまで何もしてもらえません。

副業ブロガーは土日何も出来ないのはもどかしいと思いますが、その際は体を休めるなり知識の習得に努めましょう。

特に初心者ユーザーは気をつけてください。

キャンペーンなどの情報

現在ConoHa WINGでのキャンペーンは開催していないようです。

他サイトと比較 エックスサーバー・ロリポップ

では実際にエックスサーバーとロリポップと比較もしてみましょう。

サービスプランの比較

比較

共通事項

  • SSD 200GB
  • 独自ドメインのSSL対応
  • ワードプレス簡単インストール
  • 独自ドメイン
サービス名ConoHa WINGXサーバーLOLIPOP!
プランベーシックX10ハイスピード
初期費用 0円3,000円3,000円
ランニング
コスト
2円/時間 
最大1,200円 / 月
最安800円
最安900円 / 月~
(36ヶ月利用の場合)
最安1000円 / 月~
(6ヶ月以上利用の場合)
サポート基本メール、電話電話、メール 24H365日電話、メール 24H365日
転送量目安2.5TB/月
  = 83GB/日
70GB/日100GB/日
登録アカウント
サイト数
17万アカウント※170万サイト以上200万サイト以上
運営母体GMOインターネット
株式会社
エックスサーバー株式会社GMOペバボ株式会社

金額は各種税抜です。

※ユーザーの数、サイト数で単純比較出来なかったのでご注意ください。

ConoHaはアカウント数、残り2社はサイト数です。一人でいくつもサイトを持てるため。

また各社期間限定サービスを実施しております。

都度ご確認いただければ、より魅力的なサービスを受けられるかもしれません。

サービスプラン比較からわかるConoHaの特徴

分かりやすく特徴をまとめてみます。

  • ConoHaは初期費用無料
  • 一見ランニングコストが一番高く見えるが他社と同じく長期パックで格安
  • 運営母体が一番大きい (資本金、従業員が最も大きい)
  • 対応が24H365日ではない

まとめ

いいじゃん

いかがでしたでしょうか。現在ConoHa WINGは長期プランも出たためエックスサーバーや、ロリポップに比べ最安値になっています。

実際価格.comでも高順位になっています。

最後に特徴をおさらいしましょう。

ConoHa WINGのここがすごい!
  • 長期契約なしのプランであれば、やめたい時にやめられる。
  • 初期費用が無料
  • 料金変動性のため、使った分だけお支払い(最大料金あり)
  • 運営母体がGMOインターネット㈱なので安心
  • 長期パック利用でコスパ最強
  • 国内最速によるSEOメリット

以上に加えて今なら他社からの乗り換えも特別負担のため乗り換えるなら今がお得です。

是非ご検討の上楽しいブログライフをエンジョイしましょう。

具体的な運用の仕方はこちらのサイトをご参考ください。

サルワカくんの ConoHa WINGでWordPressサイトを作る全手順(初心者向け)外部リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました